楓の株つぶやきとFXトレード記録ブログ

埼玉在住。20代。仕事に追われながらもFXなどで小遣い稼ぎをしています!当ブログでは株、債券、投資信託(投信)についての市場日記や雑感を更新中!※投資は自己責任ですよ
楓の株つぶやきとFXトレード記録ブログ TOP  > 

最新記事

【市役所と金】獨協大学の駅名変更に異議【脅し】

※以下、事実かどうかは不明だが噂やタレこみ情報です。

松原団地駅と言う駅の名前をご存知でしょうか?


かつて東洋一のマンモス団地と呼ばれた松原団地
老朽化とともに建て替え事業の真っただ中で、
3/4は取り壊し済み。

したがって、松原団地と呼ぶに相応しくないとのことで
地元連盟が駅名を変更しようと動いてたのがおととしくらいだろうか
もっと前だろうか・・・

紆余曲折を経て「獨協大学前<草加松原>」と言う名前に落ち着いたそうだが
裏事情はよくない噂ばかりです。

もっとも、その中核は「獨協大学」・・
噂では市や東武鉄道に対して、2億以上の金を払って駅名改名を訴えたそうだ。

それに、鉄道は会社組織なので金になればいいのかもしれんが
市としての対応はどうかと思う。

大体、獨協大学をよく思っている地元民はいないよう・・・。
駅前で女子大生を酔い潰して家に連れ込もうとしたり
道端で嘔吐したり毎晩の様子であきれている方が大半を占めている。

また、学芸大や成城学園前・明治大学前など
トップクラス校の名前であれば受け入れる人も多かろうが
偏差値50に満たない学生が大半を占めており
頼みの外国語学部も英語だけできれば他はザルという入試制度
地元の風紀が乱れてるという声もある状態です。

そして、獨協大学が市に対して行ったことは
金だけでなく大学自体の移転を持ちかけて
税収減をほのめかすような行動をとっていたという話もあります。
一部では暴力団でもこのような素行はしないと言います。

このような、話が上がるような大学に駅名をわざわざくれてやることをして
良いのでしょうか?

松原団地と言う駅名は無くなっても
「草加松原<旧松原団地>」と言う駅名でもいいような気がする。
国の名勝を副駅名にするよりも主駅名にするべきだという声は
かなりの数を占めています。

[ 2016年07月20日 00:25 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(4)

【使ってみた】今話題のFUNDME(ファンドミー)でオススメポートフォリオはどういう風になるのか【ロボアドバイザー】

皆様、こんばんは。


本日は、前回紹介した投資分析ツールのFUNDME(ファンドミー)の使用感をレポートしていきます。



↓前回の記事はこちら
【アプリ】全自動?システムで分析して資産ポートフォリオとアセットアロケーションを提案してくれる投資分析ツール「FUND ME(ファンドミー)」【カブドットコム証券】


まず、言ってしまうと「まぁ普通!!」というのが率直な感想です。
でも、投資初心者やポートフォリオを参考に自分で投資対象となるファンドを探すにはいいと思います(*´▽`*)




↓スタート画面
160609_FUNDME_スタート画面


おしゃれで明るいスタート画面ですね(*´▽`*)
この後
・年齢
・性別
・投資歴
・金融商品を選択するうえで重視する点
・どのような資金で投資を考えているか
・金融商品を保有している際に一時的に大きな損失が発生した場合、どのような行動をするか
・株式市場や為替市場の情報を定期的にに取得しているか

上記の7項目の質問が飛んできます!!
質問への回答は、実際にDLして確認してみてくださいね。


正直、どれも普通の質問です。
リスク許容度の試算に使うのが質問から見て取れますね。



そして、私「楓」の結果がこちらです!!
160609‗FUNDME‗結果画面


あまりネタバレをするのもどうかな?と思いますのでこの画面だけ表示しますが
リスク許容度は最高ですね(^◇^)

ポートフォリオの比率を教えてくれるだけでなく
別ページで投資対象国を教えてくれて


最後に積立投資か一括入金かを聞いてくれて
ポートフォリオと照らし合わせて各オススメ投資商品を一覧で見せてくれます!!


具体的な金額も教えてくれるので、お年寄とかでも見やすいかもしれませんね。


このFUNDME(ファンドミー)の利点・メリットは
①操作が簡単
②結果がわかりやすい
③資金を鑑みて、オススメを教えてくれる



逆にデメリットは
①おそらく区分訳がそこまで多くない
②オススメの商品を購入するときにブラウザ展開される

特にデメリットの②はスマホユーザーであればカブドットコムの取引アプリをダウンロードしている
確率が高いと思うので、アプリ遷移を優先してもいい気がするのと
ブラウザで開くのであれば、ログイン後購入ボタンを押した商品のページに行ってくれるといいと思いました!!


トータルで考えたときにこのFUNDMEを使うかどうかですが・・・
私は時と場合によります。

基本的にリスクマネジメントの観点からポートフォリオを普段から考えていますが、
ここまで細かいポートフォリオにはしていません。
というのも資金がそこまであるわけではないので
分散し過ぎるとパフォーマンスが大きく損なわれる危険があります。

ただし、仕事で忙しくて株式の個別運用などができなくなって来たり
資金そのものが増えたら一参考として使用すると思います!



以上です!


皆様もこれを機会に、一度ご自身の資産ポートフォリオを見直されてはいかがでしょうか?



※投資は自己責任です。

当記事が良いと思いましたら、Twitterやはてぶボタンで支援をお願いいたします。

ば~いせんきゅ





[ 2016年06月09日 23:52 ] カテゴリ:アプリ紹介 | TB(0) | CM(0)

【アプリ】全自動?システムで分析して資産ポートフォリオとアセットアロケーションを提案してくれる投資分析ツール「FUND ME(ファンドミー)」【カブドットコム証券】

皆様

こんばんわ!お久しぶりですね。

FXの方は出金してしまい、現在の残高は3万円ww
ぼちぼち増やしては出金して美味しいものを頂いております(^o^)

さて、本日はカブドットコムの「FUND ME(ファンドミー)」というアプリのご紹介です。

このアプリはまだリリースされていないのですが結構面白いなと思います。
主に投資信託のポートフォリオを組んでくれるらしいのですが・・・。

4点の着目ポイントがあります!!

①システムでの資産運用アドバイス機能!!
従来、リスクメジャーの判断等はありましたが、詳細を教えてくれるそうです。

②簡単な質問に答えるだけ
いくつかの設問に答えるだけなので、操作が難しくなさそうです。

③ポートフォリオを提案してくれる!
もっとも重要な機能ですね(^o^)
これは、許容リスクからポートフォリオマップを作成してくれるそうです。
資産構成比や地域構成、チャート分析からのシュミレーションで
自身のポートフォリオの分析までしてくれる
んですね(^o^)

④アセットアロケーションまで組んでくれる!!
投資スタイルに合わせての提案とのことで、
大きな金額を一気にという方や、お金が無いのでこれからコツコツ積立投資したい
というかた
両方に合わせてくれるみたいです!!


正直、あくまでも理論上のデータを駆使したシステムだと思うので
参考程度に考えてうまく利用するのが一番かと思います!!

リリースがされたら、使用感も書いていきたいと思います!!

ばーいせんきゅ

※投資は自己責任ですよ
[ 2016年05月28日 18:49 ] カテゴリ:アプリ紹介 | TB(0) | CM(0)

【卓球】卓球小僧!勝つことに貪欲だった中学生時代(カットマン)その2

さて、先日の続きです(;´・ω・)

地区の強豪、県や関東でも名を連ねる名門校からの練習試合の申し込みが来たと
顧問が大興奮!!(笑)今でも覚えている(^◇^)
格下のチームから申し込むのが当たり前にもかかわらずですね(本来は格下からお願いするコレ強豪校の常識)

さて、上級生はいないチームでの初陣です。
オーダーは忘れましたが、1年の時からレギュラーだった
キャプテン・元エース・私・そしてクラブチーム上がりの後輩がシングルス4枠に
そして、ダブルスは先輩方がいらっしゃったときに7位だったダブルス要員と11位以下で決勝に上がらなかった子が
ダブルスです。

ここで、当時の部内のランク紹介
※左から順位・人物・ラケット・ラバー・戦型です。
1.キャプテン・シェーク・裏裏・ドライブ主戦
2.後輩・シェーク・裏表・前陣速攻
3.俺氏・シェーク・裏粒・カット主戦
4.元エース・シェーク・裏裏・ドライブ主戦
5.ダブルス要員・シェーク・裏表・前陣速攻
6.新ダブルス要員・日ペン・表・前陣速攻

私は実力こそ三番手でしたが、戦型により団体戦では1番手で出場して
相手エースを食らうか(飲み込めないことも多々汗)5番手に回って最後の勝ちを確定させるかを担当することが多かったです。
※4・5番手は相手の準エースか3番手が来ることが多い。

まぁ、オーダーは置いておいて地区2強のうちの一角との初戦は、こちらの勝ち!!!( `ー´)ノドヤ
相手校の監督は焦っていましたね。
※因みに私は相手の準エースに勝っています
先に言ってしまうと初戦と言うか、練習試合や公式戦すべてこちらの負けなしでした( `ー´)ノドヤァ

因みに他の学校で相手のダブルスを潰しにかかるときは、
キャプテンと私でダブルスを組むこともありましたね。
というのも、先輩たちと出場していた時の元正ダブルスで自分らの代になった正ダブルスの練習相手も担っていましたが
正ダブルスよりも強かったので変則オーダーを組むことがありました。
※相手が同格以下だがダブルスをとることで成り立っているチームであったりする場合にこのようにしてたと思う・・・。
また、正ダブルスの練習相手をしていたのは2軍以下では相手にならなかったからと言う記憶がある。

そんなこんなで、うちのチームは地区で有名になり近くの市のチャンピオン校や県外からの
練習試合の申し込みが多くなりしょっちゅう試合をしていましたね。
これも有数の強豪校の顧問が噂を広めてくれたことが、要因ですが
同地区の2強の一角で不動のチャンピオン校からは見向きもされなかった・・・

まぁ、これも隣の地区のチャンピオン校を倒したり(初回で倒してます)
オープン戦で(大人含む)顔を頻繁に合わせるようになった後に
こちらから練習試合を申し込んで快諾を得たわけですが。。。

このころには、顧問からは地区大会クラスの学校とは全力ではなく
苦手とする技術をメインに戦いなさいと言われていたと思います。

いざチャンピオン校との試合。
相手は当時関東大会常連校で、全国実績もある超強豪校。
練習試合は何試合かするのですが・・・。
初戦、相手を見ると・・・。
ん?レギュラーメンバーがオーダーに1人しかいない?
しかもレギュラーメンバーは相手校の2番手

そうです、舐められたのです。
そして、所詮ギリギリで勝利(´・ω・`)
2軍に手こずったのですよ(。-`ω-)

しかし、相手校の顧問は驚いた顔をしてましたね、鮮明に覚えてます。
さて、2試合目。
相手も正レギュラーでオーダーを組んできました。
ここで相手の情報を。
1.エース・シェーク・裏裏・ドライブ主戦(地区シングルス2位・県3位だったかな?)
2.準エース・ペン・裏・ドライブ
3.守備の名手・シェーク・裏裏・カット主戦
4.普通の学校ならエース級の4番手・シェーク・裏裏。ドライブ主戦型
5.ダブルス1号・反転式ペン・裏粒・ブロック主戦型
6.ダブルス2号・・・覚えてないですwwwでもシングルスやらせても我々のレギュラーシングルスメンバーと互角です。

結果を先に言うと3-1とかで負けました。
私はと言うと相手のエースを抑えられずに敗退してます(;´・ω・)
うちのエースが相手の準エースに勝ったのですがね。
仕事をしないで負けてしまったのでこの後顧問には叱られましたよ(´・ω・`)
自分はよく怒られてました(´・ω・`)

ちなみに公式戦では第1シードがこの強豪校、第二シードが2強の一角(後に我々)となり
くじ運次第ではベスト4でチャンピオン校に当たって撃沈することになる可能性が高かったですww

公式戦の方はと言うと、ベスト8決定戦で第3シードを撃破し
準決勝で第2シード(2強の一角で練習試合では負けなし)に3-1で勝利!
※ちなみにこの1敗は相手校のエースで地区1位で県2位?子です。
さっき、チャンピオン校のエースが地区2位というところで?となっていた方は
ここで辻褄があったでしょうww
この時の1敗は私ですww

さて、決勝!
練習試合でコテンパンにやられた相手に一矢報いるチャンスでした( `ー´)ノソリャ
顧問が託したオーダーは目には目をと言うことで、エース対エース(キャプテン)や準エース対元エース、カット主戦対カット主戦を
狙ったオーダーでした。
自分は珍しく2番手だったかな?確か(。-`ω-)わからん
オーダー的中!
エース対決はうちが勝ちました!!
奇跡です!相手のエースのほうが圧倒的に強かったので、、、
そして、私はと言うと自分でいうのもなんですが結構地区の大会では注目の1戦だったんですよ(笑)

他の地区から専属コーチが見学に来たり県連の方が見学に来るような試合だったのですよ!!
そこで一回も同地区内で試合をしたことがない相手との対戦。。
燃えました!
よく覚えてます(`・ω・´)

オーダーが決まった後にウォーミングアップをしている間に他校の選手から、
「どっちがカット主戦で1番なのか」と言う会話が聞こえました。

後輩やベンチの2軍連中から後に聞いたのですが、
他にもいろんな会話があったそうです。
確かに、同地区にカット主戦の人間は多数いましたが我々が守備力では群を抜いていましたから
どっちの守りが固いのか興味ありますよね。
矛vs盾ならぬ、盾vs盾です(笑)

5セットマッチ3セット先取の試合です。
この試合は10年以上たった今でもよく覚えているので
少々詳しく・・・。
ファーストセット、相手がバックスピン(ツッツキ)からのドライブ攻撃の応酬をカット(守りの技術)で受け続けていました。
ドライブ主戦が放つドライブよりもカットがしにくかったですね。
というのも同じカット主戦なのであらかた弱点は読まれているわけですから、
打ちにくくて当たり前ですよね。
1セット目、落としました(´・ω・`)

攻撃と守備を巧みに使う変化攻撃の応酬に守りを破られてしまいました(ノД`)・゜・。

2セット目顧問から「カウンターを許可する」の一言のみアドバイスをもらって
台に戻りました。
当時、地区予選では一切の打球をすべてバックスピン(カットやツッツキ)若しくはナックルカットで返すことを義務付けられていた
私は顧問が相手に一泡噴かせなさいと鼓舞してくれたように感じて勇気が湧いた気持になったことを鮮明に覚えています。
因みにこのカウンターを許可するというのは攻撃をしなさいというわけではなくて
相手の攻撃に対してバックスピン以外のカーブロングやカウンターブロックと言う選択肢をもらえたわけです。

さて、2セット目相手は、攻撃の手を緩めないスタイルで押してきました(ノД`)・゜・。
1ポイントごとに会場から相手のカット主戦型がドライブ主戦型並みの攻撃をしていると言う事実に
嘘だろと言う声が一瞬聞こえました。試合に集中してない証拠ですね。
ただ、一番驚いているのは自分ですww
攻撃力だけでいったら私の守備力を攻撃で突破しにきているわけですから
第3シードの学校のエースやうちのチームの元エースの攻撃力を遥かに凌駕していることになります。

試合の流れは、カット対カットというよりもドライブ対カットと言う構図です。
カウンターの許可が下りたので相手も幾分カットをして凌ぐこともありましたが、
カウンターをものともせずさらに強力な攻撃を受けたりと2セット目も落とすことに・・・

3セットの前、顧問から更にアドバイスが「攻撃を許可する」
「攻撃するときはバックにのみ攻撃をしなさい。反撃をされても大丈夫。お前なら守って切り抜けられるはず」言葉尻は違うかも
しれませんがこんなことを言われたと思います。
そして、他のレギュラーメンバーからは「部内で一番の守備範囲なんだから守備でも負けるな」と言われたと思います。

勝負の3セット目これを落とすと自分は負けです。
自分の雰囲気が変わったのですかね。
相手がレシーブの際に先程より守備的な構えで半歩下がったように見えました。
ココから反撃の開始です(((((`・ω・´)ソリャァァァ

お互いに攻撃の嵐、サーブを握ったほうが先に攻撃を仕掛けて
仕掛けられた方は、守備に回るような形。
もっとうまいレベルだとラリーの中で攻守が目まぐるしく変わるのかもしれませんが
私のレベルではこんなもんです(;´・ω・)

でも攻撃をして、守備もしてちょっと悟りました。
どっちの技術も自分より相手の方が1つレベルが上です。

勝ち筋がないと思いましたが、顧問が言った「バックのみを狙って攻撃」をすると
たまに打ちにくくてフォアに打ってしまうと強烈なカウンターにあうのですが
バックではカットをしてくるだけ。

一方でこちらはバックに粒高を使用しているので、積極的に緩急をつけて対処できました。
攻撃許可をもらっても4割くらいしか攻撃に回らなかったですが。。。

3セット目奪取!!
名勝負突入の4セット目、顧問からは「バックへの攻撃が効いているがそろそろ、攻撃の後に守備をすることを頭に入れろ
相手が回り込んでカウンターを狙ってくるだろうからそれをブロックしなさい。
連打が来るようだったら下がってカットに持ち込めばいい」

4セット目。
カウンターが大量に飛んできましたよ。顧問すげぇと思いましたww
そして、そのあとのブロックが見事に決まってました(ノД`)・゜・。
当時はわかりませんでしたが、今思うと自分とブロックはかなりテンポが速いんですよね。
相手が連打できずに自滅と言う展開で4セット目も奪取。

3セット目4セット目と簡単にとったように書いてますが、かなり接戦だったと思います。
当時のスコア表が実家にのこっているので見たいww

勝負の最終セット。。。
カット型同士なのでラリーが長く試合自体も長めでした顧問からは、
「相手も疲れてきている。踏ん張りどころだ。足を動かすことをわすれないで守り抜け」と言われました。
相手、まだまだ動けそうな感じだけど相当な汗の量・・・。
途中の1ポイントを相手のスリップのおかげで取ることができた。

最後、お互いの攻撃と守備が拮抗している中で相手が、バックハンドドライブも振ってきました(ノД`)・゜・。
そして、こちらは攻撃でミスがかさみ守備に回らざる負えない状況。
守備をしている間は結構、得点になったのですがカウンターで攻撃に回った時の打球が4セット目と違って
入らなくなりました(;´・ω・)マズイ

お互いに相手の攻撃ミス待ちで結果、相手の守備力を一切上回ることができなかった私の負けです。

負けた後に顧問はたいてい「無口」になる傾向があるのと試合の欠点を述べてくるのですが、
この試合では「よくやった。お前の全部を出して何とかならなかったんだ。練習して2番目のカットマンと言われないように強くなろう」と言われたのは一文字も間違えず覚えています。

結果、その後の練習試合などでは1回しか勝てなかったんですけどねww
長くなりました。

県大会以上の大会はあまり覚えていないのですが、今後断片を思い出しながら書きたいと思います。

ちなみにこんなことを思い出したのはひょんなことから中学生に頼まれて教えてながら、
どんな練習をしていたの?とかどうやれば勝てるの?と言われて
今の自分は趣味程度でしかやってないからわからなくなっていたのを
何とか勝ち方と楽しさを教えてあげたくて思い出した結果ですね。

自分は膝の怪我で学生時代の競技は断念しました。
社会人になって多少太りつつ趣味程度で、2年ほど前に復帰をしました。
大会などでは負けてもいいかなと思いつつやっていたのですが
今一度練習をしてちょっと頑張ってみようかなと言う思いが強くなってきました。

中坊たちの前で本気で試合をしてみたいという気持ちでしょうか(´◉◞౪◟◉)
さて、明日は練習してきます。
膝の調子を見つつ、体を戻していきたいな。
こんな風に思えるとは青春真っただ中の中学生に触発されましたねww

がんばろっと

ば~いせんきゅ







[ 2016年05月05日 03:04 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)

【卓球】卓球小僧!勝つことに貪欲だった中学生時代(カットマン)

夜中だけど、トレード日記も書いていないけど
ふと中学生から指導を頼まれたついでに昔のことを思い出したので・・・。

長くなりそうだから、何回かに分けて書こうかな

今から十数年前、楽そうだったからと思って入った卓球部・・・。
全然楽ではなかった・・・。

入部当初そんな気持ちで入ったやつらが、最後には自分を含めて全員レギュラーだった。

今でこそ170センチ後半の身長だが、中1当初の自分は150センチもない小さな体だったと思う。
(背の順でも前の方だったし笑)

中1当時は弱い部だった、先輩たちは市の予選で1回戦敗退レベル。
でも、練習がきついきついw

先に結論を言うと、自分たちの代で一気に強くなったのです。
最近知ったのですが、その功績は10歳年下の代まで浸透していたのもビックリですが。。。

当時、関東や全国の常連と呼ばれている強豪校が小さな市に2校もあったけれども
その一角を撃破して上に行ったわけです。
とはいっても大して勝ち上がれなかったのですがww

さて中学一年の時に話を戻すと、
入部してラケットを買うときに顧問から言われた一言、
「お前すばしっこいからカットマンやれ」と・・・

経験者ならわかると思いますが、カットマンは上背があったほうがいいのです。
当時の自分はそんなこと知らなかったわけですが・・・

ちなみにカットマンとは
シェークハンドを使用して、卓球の中では超守備的な戦型の事です。
主にカットと呼ばれるバックスピンをかける打法を駆使して相手のボールを拾いまくるという
形になります。

そして、ラケットが手元に届くまではひたすら筋トレとランニングの日々でした。

そして、5月入ることでしょうか?手元にラケットが届いた。
ラケットはディフェンスⅡ
ラバーはタキネスチョップの薄にフェイントロングⅡの極薄
※当時はスポンジ厚で超極薄なんてものはなかった。
あと卓球知らない方はラバーについては別途調べてみてくださいね。

さぁ練習!
ボールなんか10分くらいしか打たせてもらえません。
7月まではひたすらに筋トレ、ランニング、素振り、壁打ち!!
素振りはフォアバックを各1000回くらいしただろうか(;´・ω・)覚えてないけどもっとだったような気がする

7月に入って3年の先輩が引退。
やはり初戦敗退だったと思う。

2年の先輩と自分らはどっこい位のレベルまで追いついていたので
一緒に卓球台を使用した練習に移った。

夏休み、朝から晩まで練習。
当時の練習メニューは確か・・・
朝:2時間素振り(フォア、バック、ツッツキ)、筋トレランニングが合わせて1時間くらいかな
昼以降:台を使用した多球練習とサーブ練習、ラリー練習、顧問から新しい技術のレクチャーなど

夏休み後半くらいにカットを教えてもらったと思う。
ドライブマンの子たちは、同タイミングでドライブを教わっていたと思う。

そして、夏休みラスト4日くらいでランキング戦。
先輩たちを合わせて40人程度の部員(当時、3年生を合わせた全校生徒が360人くらいだったから結構多い)
10人ずつくらいで総当たりのリーグを分けてひたすら試合。
その後、各リーグ上位者同士で決勝リーグ。
ここで自分を含む1年生は下記のような結果だったと思う。

1位:当時のエース(後のキャプテンにその座を取られる)
4位:後のキャプテン
7位:後のダブルス要員
8位:自分

他の10位までは上級生だった。

中学生の卓球団体戦は
シングルス4名、ダブルス1組の計6名で行うものでした。
※同選手による重複禁止

自分は8位と言うことでもちろんレギュラー落ち・・・
かと思いきやカットマンと言うことで順位関係なくダブルスレギュラーに!!
※当時顧問からは、カットマンが強くならないとチームが強くならないといわれ続けてきたので
今思うと実戦経験を早くから積ませようと思ったのでしょう。

ココから一気にカットーーー
秋の新人戦、翌年の春・夏の大会。
ベスト8に入るまでに成長。
万年初戦敗退だったチームが、勝ちあがるようになってきましたが
強豪校からは相手にされていない状況でした。

しかし、地区2位の学校(当時、県でベスト4。先代は関東常連)の顧問がここは化けると
練習試合を申し込んでくるように・・・。

続きはまた今度・・・。

ば~いせんきゅ


[ 2016年05月04日 02:49 ] カテゴリ:その他 | TB(0) | CM(0)
サイト内検索
楓とはこんな人【プロフィール】

楓

Author:楓
兼業へっぽこトレーダー
FXのトレード日記を公開中!5万円からいくらまで増やせるか検証してます!!
気になる銘柄を記入します。
投信や債券の勉強もしてたので、ちょくちょく更新できたらなぁ。
よろしくお願いします!
※投資は自己責任!!
↓私の詳しいことが知りたいと思ったらみてね↓
【楓の詳しいプロフ】

↓ブログランキングの支援もお願いします!↓

金融・投資 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

Ads by Google
免責事項
当ブログでの発言内容により損害、不利益等が発生しても、一切の責任は負いかねます。 その他リンク先に掲載されている記事については当ブログに帰属した情報ではございませんのでご承知のほど お願いいたします。 投資・運用は自己責任で行うものですのでご理解のほどお願い申し上げます。
楓のtwitter
楓のTwitterをフォローするとTLでブログの更新をお知らせしますよ(∩´∀`)∩
簡単なことをつぶやいてます。 ブログ、ツイートなど気に入ったらお気軽にフォローお願いいたします。
ブロとも申請フォーム
来場者数
来場者数
逆アクセスランキング!!
皆様、ブログリンクしていただきありがとうございます。
最新トラックバック